必ず成功できる自営業の始め方について

職人として医術が高い人が自営業を始めやすい

自営業を始める人は多いですが、100人自営業を始めたら5年後黒字になっている人は3人から5人程度しかいないのが現実です。この理由はいろいろありますが、それはある一面だけ特化していて、それ以外の部分が素人だからです。 自営業になる人の特徴をご存知でしょうか。会社員をやっていて自営業になる場合は、会社員時代に営業成績が優秀で何度も会社内で表彰されたり、技術的に他の社員よりも優れていた人が、そのまま会社にいるよりも独立したほうが儲かると考えて独立するのです。「営業やものつくりでほかの人よりも優れているから自営業でもうまくいくに違いない」そう考えて独立しますが、失敗してしまう人が多いのは職人としての技術だけでは成功は難しいからです。

職人の力と会計の力、人を管理する力が必要

職人としての技術が優れていることは大事ですが、自営業者としてはそれだけでは足らず、ほかにお金に関する会計力と人を管理する管理力が必要になって来るのです(社員やバイトを雇わない場合は管理力は必要ない)。会社で雇われていた時は得意分野で人よりも優れていることが評価されていたかもしれませんが、ほとんどの会社員は会計や税務については全くの素人です。税金対策といっても何をしたらいいのかわからないはずです。そこで、独立して自営業者として成功するのであれば、自分で会計や税務について勉強するか、あるいは優れた税理士や公認会計士を雇うことが必要になります。 人を管理する力も必要になってきます。人を管理できないと組織としてまとまらず、社長だけが優れていて社員が全くダメであるということもあるからです。 このように自営業として必ず成功するのであれば3つの力が必要であることを知っておくことです。