最初は誰でも不安な自営業の始め方

今までの経験と資格をフルに生かそう

自営業としてお店を構えるためには、どんな職種であっても今までの経験を最大限に生かす事が大切です。例えば、飲食店を開業しようとする場合には、今までのアルバイトの経験も生かす事ができます。レストランで働いた経験があれば、料理を作る技術を持っているだけでなく、基本的な接客マナーも自然と身に付いています。 また、今までに取得してきた営業に関連する資格を生かした店作りを行う事も忘れてはなりません。特に持っている人の希少な資格を所持している事により、作る事のできる料理の幅は格段に広がりますので、周りのお店に差を付ける事が可能となります。独自性のある料理と技術は開業の大原則ですので、料理店を新規に開業する場合は資格取得に全力を尽くすと今後の店舗運営に絶大な効果を発揮します。

お店の宣伝を怠らない

飲食店の開業をするに当たっては、十分なメニューの充実とそれを作る技術が必要になりますが、それ以上に大切な事がお店の立地条件や店舗の宣伝です。お店の位置については、出来るだけ駅や商店街などの人通りの多い場所が理想的です。せっかく上質な料理を提供しても、交通が不便なばかりにリピーターが少なかったり、それ以前に店がある事さえも知られていないといった状況も考えられます。最低限、駅から500m圏内の立地条件が開業に必須です。 更に、店舗の広告も人を集める有効な手段です。近隣の住民にお店の存在を知ってもらう事は店舗経営の成否に多大な影響がありますので、チラシのポスティング等を活用してお店の存在を強くアピールすると良いでしょう。